夫が身体を四六時中触ってきて不快 夫婦カウンセリングから

夫が身体を四六時中触ってきて不快

夫が四六時中胸を触ってきて大変不快です。新婚時代はなんとかやめてよ~とごまかしていましたが

今では本気でキレてもしつこく触ってきて、胸がただれる程になってきてほり

本気で離婚を考えるぐらい不快なんです。しかし、その他の面では子煩悩ですし

満足しているのですが、同じ部屋にいると触られるので最近は寝室へ逃げています。

というご相談がありました。

これは、夫婦カウンセリングとなった事案です。

 

夫が嫌がる妻に執拗に触れてくる心理ですが、妻のことを「ペット」と同じ感覚だからです。

ペットをなでるのに許可はいりませんし、いつでも自分本位でなでたり、触ったりできますね。

妻もそれと同等の、結婚したからには自分の所有物である。と勘違いしていることでおこります。

夫婦カウンセリングの中では、ご主人は執拗に「愛しているから触る」とおっしゃっていましたが、

嫌がっていることが明らかで離婚まで考えていると相手はおっしゃっているのに、

それのどこが「愛」なのでしょうか。ただの自己満足な愛ですね。

パートナーはご主人のペットでも所有物でもアクセサリーでもありません。

私は、世間がよく言っている「トロフィー妻」ということばも好きではありません。

奥さんは自分のものだからいつ触ってもいい。可愛いペットではないのです。

要するに所有権が移行され、「支配関係」になっているわけです。

奥さんの胸は、夫のものだと考えられており、

自分が触っていないときは預けておくよ。ぐらいの感覚になってしまっているようです。

あなたの人権を含むすべての所有権が夫にある。と勘違いをされているということです。

夫婦バランスが崩れると奴隷化していく

ある程度収入がある、男性と、専業主婦の妻の間に起こりやすい関係が

「奴隷関係」です。

深層心理の中で、「食わせてやっている」、俺がいなければ外で働くのは無理だ。

俺に捨てられたら、生活ができないだろ。など少なからず思っている男性は

少数派います。

わざと子供を私学へ入れて支配関係を強める卑怯な男性も中にはいます。

中学受験させ、私学へ入学させ堂々とW不倫します。

W不倫の場合、慰謝料が交差するだけなので

不倫された妻は相手からとりづらくなってしまうのです。

さらに、子供が中学受験をがんばって私学へ入学したことから簡単に離婚もできない。という

顛末です・・・。

支配を好む男性は、サイコパスも多いことから自分本位で妻が奴隷化していて

夫原病でカウンセリングに来られていることも多いのです。

妻にも自由な意志と感情がある

当然のことですが、人にはそれぞれ人権があります。

妻にも、人権があります。

この方は、まだ自分の意思をしっかり伝えてのカウンセリングでしたが

中には、幼少期から指示待ち行動タイプの奥様の場合、

自分で物事の判断ができなくなっていたり、夫に決めてもらった通りの

行動しかとれない女性も中にはおられます。

結婚も親から言われたから。や友達から勧められたから。と

お答えになることが多いです。

そうなっていくの、ペットや家畜と同等の扱いになっていき

歪んだ夫婦生活になっていきます。

対等な夫婦関係になるために

自分という人間を独立させ、断固としてご自身の意思を伝え続けること

がとても大切です。

自分の意見を相手にしっかり伝えて、

嫌な時はしっかり振り払うことです。

そして、いつのタイミングなら触れてもいいかというルールを明確にすることが

大切です。

2人で話にならない場合は、カウンセラーも仲介的な役割も果たせますし、

また、ご主人が触るということに何か心理的なものが隠れている可能性がありますので

そこからカウンセリングでケアをしていきます。

大阪阿倍野まことカウンセリングルームでは夫婦カウンセリングを

しっかり行っていき、夫婦修復等もさせていただいていますので

いちど、ウエルカムカウンセリングへお越しくださいませ。

まことカウンセリングルーム

LINE@ID お得な情報配信中 予約可

@ywc6256h

まことカウンセリングルームQRコード

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

もっとあなたらしく生きるためにご自宅で気楽にカウンセリング

大阪市阿倍野区美章園2丁目21-11 朝日プラザ美章園101号1階

ホームページ

http://mikokoroseitai.com/

予約電話番号(予約優先)

06-6713-5855

メールでのご予約はこちら