家族依存症・実家依存症のカウンセリング 大阪阿倍野

家族依存症・実家依存症のカウンセリング

家族依存症。実家依存症の問い合わせは、実はそのご家庭のご主人からの

問い合わせから始まることが多いです。

妻が週末になると、実家に戻ってしまう。毎週だとたまらない。

平日のほとんどが、近所が実家なので昼間は戻ってしまい

夕飯も済ませて、その残飯を持ち帰って僕に食べさせるんです。

もう離婚したい。カウンセリングで治りますか?というようなご相談内容が主です。

その他、姉妹で母親の取り合い状態です。盆と正月になると、どちらの家族が実家に戻るかで

喧嘩しています。宿泊場所が限られているためです。ほんとうにくだらない。などなど

奥さんの家族依存、実家依存で離婚を考えているというご主人からの問い合わせがほとんどです。

稀に逆パターンもありますが、だいたいが女性の実家依存に対するカウンセリング問い合わせが多いですね。

実家依存の根本原因

・親からの幼児期の愛情不足

・心身未熟 こころの未発達

・怠け癖

・甘え心

・自立心の欠如

・親の支配が続いている

・共依存

・過信

・結婚している意識の欠如

・親の利用(無償で働かせたい)

・アダルトチルドレン

・親に頭があがらない

などの原因が多岐に渡りこじらせています。

 

40も過ぎた既婚女性が母親を取り合いしているケースは、

親からの愛情不足が原因でこじらせているパターンでした。

また、親の支配が大きすぎて自分でものごとを考える能力が劣っている場合は親にずっと頼る為に

実家依存してるケースがあります。

また、自分がいないとこの母親はだめだなんだ。と親から見えない糸で支配を受けているケースも。

あんたが出ていくと生きていけない。死ぬからなどと脅す親もいます。

共働きで、子供の面倒がみられず実家の親を甘えで頼っているケースは近年増えてきています。

ベビーシッター代わりに親を使っているケースです。

こういう事を妻が続けていると、夫が疲れてしまい不倫や浮気、離婚の原因となっていきます。

家族依存、実家依存がカウンセリングで改善するケースはこれ

親をベビーシッター代わりに使っている。親だから無償で働かせたい。という実家依存ケース以外は

ほとんどの場合改善しています。8割、9割は当院で改善していると思います。

親をベビーシッター代わりに使っている。親だから無償で働かせたい。

このケースは、「お金の問題」が大きく絡んでいる為

改善するのが容易ではない場合が多いです。

これは、親に依存しているのではなく、物理的に無理なので「親を利用」しているからです。

親を働きバチのように使って平気、もしくは生活が困窮している場合に起こります。

その場合、ご主人が強く出ても、「じゃあ、あなたが共働きしなくていいように稼げば?」と強烈な一言が

返ってくることもあり、改善が容易ではありません。

他にも、高学歴出身者に多い「キャリアを捨てたくない。」と育児より仕事優先の場合も考えられます。

深く長く話し合って、改善したケースもありますが病気ではない為難しい問題の1つです。

 

実家依存、家族依存がすぐに解決できるパターンは

奥さん、旦那さんが親に心理的依存をしている場合です。

この場合、共依存型となっていることが多いです。

お母さんもまた、かまってちゃんであったり、寂しがりだったりするので

自分がいないとあなたはだめでしょ?という具合に、子供に依存させ続けることで

共依存が完成していきます。

 

親が動き過ぎる、子供に仕事を与えず自分の立ち位置を確保し、子供の自立を妨げた結果

こういう結果が生まれます。

子供を信頼する、子供に任せる。ということをしてこなかった親が子供をダメにしていきます。

見守り下手な親、口出しが多い親もまた、これに該当します。

 

しかしこの場合、親の物理的利用ではない為 カウンセリングで改善される見込みが高いのです。

 

ご主人の本当の気持ちを理解し、また、自分も依存を解くことで改善していきます。

母親にも、後日カウンセリングに来ていただく事もあります。

だいたいは、娘さんに連れて来られるのですがそのときは娘さんの依存癖が解けている状態の時で

お母さんも助けてあげて欲しい。と依頼されます。

実家依存の問題は近年よくカウンセリングへ来られていますが、ご主人が気が付いたその時に

しっかり改善しておかなければ、不倫や離婚に向かうケースが多いので、

しっかり話し合いをする必要があります。

 

夫はなんでも許してくれる人。なんでも我慢してくれる人。と思っていては

今後とても、辛い目にあうかもしれません。

そういう人を沢山カウンセリングしてきました。

ご主人が決断してからでは、ひっくり返すことが難しい為

後の祭りにならぬよう、

しっかり自分の家族やパートナーをケアしてあげて下さい。

どうしても共依存から抜け出せそうではない。という場合や

夫から既に離婚の申し入れがあったという場合は、カウンセラーを頼って下さい。

夫婦カウンセリングでもカウンセリングが可能です。

まずは、ウエルカムカウンセリングへお越しください。

 

まことカウンセリングルーム

LINE@ID お得な情報配信中 予約可

@ywc6256h

まことカウンセリングルームQRコード

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

もっとあなたらしく生きるためにご自宅で気楽にカウンセリング

大阪市阿倍野区美章園2丁目21-11 朝日プラザ美章園101号1階

ホームページ

http://mikokoroseitai.com/

予約電話番号(予約優先)

06-6713-5855

メールでのご予約はこちら