うつ病とヘルペスに深い関係性とカウンセリング

うつ病とヘルペス(HHV-6型)に深い関係性

最新の研究でうつ病とヘルペスに深い関係性が認められました。

疲労がつのると、ヘルペスになる。というのは周知の事実でしたが

それがうつ病にまで関連してくる。というのが最新の研究で分かりました。

うつ病とHHV-6型 ヘルペスとの関係

HHV-6型ヘルペスって何?

ヘルペスですが、赤ちゃんが初めに熱をあげる突発性発疹がありますが、

それがまさにHHV-6型ヘルペスです。

実は、赤ちゃんがこれにかかって熱が下がってもウイルスは完全に消失したわけではなく

ずっと体内にひっそり居続けるのです。

そして、大人になり、疲れが溜まった時にそれが活性化し姿を現すという仕組みです。

ヘルペスウイルスとうつ病の関連を報告したのは、東京慈恵会医科大学の近藤一博教授です。

近藤教授は疲れるとヘルペスが出るメカニズムを長年研究してきました。その中で、

唾液の中に潜んでいるHHV-6型ヘルペスウイルス(ヒトヘルペスウイルス6型)がうつ病と関係していることを発見されました。HHV-6ヘルペスウイルスが脳に感染すると、ウイルスが持つ「SITH-1」という遺伝子が強く働いてタンパク質が生成されることが近藤教授らの研究により証明されたのです。

うつ病の患者84人と健康な人82人の血液でこのタンパクが存在しているかどうかを調べるために、「抗体」を調べたところ、健康な人では24.4%しかSITH-1は働いていなかったのに対し、うつ病の患者では79.8%でSITH-1が強く働いていることが分かりました。このように、赤ちゃんの突発性発疹の原因になるHHV-6型のヘルペスウィルスはうつ病と過労を繋げるものであることが最近の研究によって証明されたのです。

身体の疲労はこころの疲労

身体の疲労は、じつはメンタルの疲労が引き金になっているケースが9割

肉体労働をしたときの疲れと、嫌な仕事を繰り返しさせられメンタル披露した時に

感じる疲労を想像してみて下さい。

どちらが、どっと疲れると思いますか?

肉体疲労の疲れは、同時にやりきった感など達成感や心地よさも同時に感じる事ができますが、

嫌な話を聞いた時、身体に不安があり病院にかかっている時、嫌な仕事をずっと続けている時の疲労は、心に負担をかかえ、ストレスだけが蓄積されていきます。

身体はこころより、後に悲鳴をあげることから、

数日後ヘルペスを発見することになるかもしれません。

お葬式のあとに、寝込む方が多いのも一例です。

身体はこころより後に、どっと症状がでてくるのです。

そうなる前に、医療機関やカウンセリングに相談することをお勧めいたします。

社会人の方で医療機関で診断が下ることを避けたい場合などが多いと思います。

(保険に入れなくなる為)そういう場合は積極的にカウンセリングを

活用してみて下さい。

 

 

 

まことカウンセリングルーム

LINE@ID お得な情報配信中 予約可

@ywc6256h

まことカウンセリングルームQRコード

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

もっとあなたらしく生きるためにご自宅で気楽にカウンセリング

大阪市阿倍野区美章園2丁目21-11 朝日プラザ美章園101号1階

ホームページ

http://mikokoroseitai.com/

予約電話番号(予約優先)

06-6713-5855

メールでのご予約はこちら