不倫男側の告白と手記 カウンセリング 夫婦修復への道

不倫男側のカウンセリング 夫婦修復への道

カウンセリングに来院されているクライアント様の
不倫発覚から、夫婦関係修復までを回想録として
提供してくださいましたので、ご本人許可の元
掲載していきます。

今回は、夫婦カウンセリングで後半に加わったご主人(不倫した側)の

手記を許可を頂き公開します。

不倫をしてから夫婦修復されるまでの本音が記載されています。

ワーキングの1つとして書いて頂いたものです。


カウンセリングに通うのは最初は乗り気ではなかった。

自分が悪い事をしていて、私の前に奥さんが通っているのだから

当然かもしれないが。ワーキングで手記を書く事になったので

奥さんには見せないという条件だったので

正直に思いのたけを書きたいと思う。

今思えば本当に馬鹿な事をしてしまった。

奥さんに不満は全くなかった。献身的な良い妻を裏切って最低な人間。

子供が受験でそちらにばかりかまっているので拗ねてしまった。

また、自分の子供もではないのに、なんで俺が。

俺は父親をしにきたわけではないんだ。と思っていた。

これが悪の根源。

結婚したら連れ子であろうが父親をしなければいけないのは当たり前であり

私は自分の器のちいささに嫌気がさした。

考えれば子供は懐いていたし奥さんも良くしてくれて

愛してくれていた。そんなことは分かっていたのに馬鹿になっていた。

なぜ、非道なことをしてしまったのか悔やまれる。

奥さんには手抜きをされたこともないし、

1日わずかなお金でよくやってくれていたのに、本当に私は最低だった。

そして、妻だけを愛していた。

言い訳になるが、不倫女には自分からは声をかけていないし、

最初はずっと断っり続けていた。しかしあまりにも

積極的にべたべたされてつい男の性でのってしまった。

魔が差した。。。

モテない男が突然モテた。と勘違いし誘いにのって調子にのってしまった。

通常の恋愛もそうかもしれないが、不倫には相手を選ぶ選択肢はなく、

誘惑されれば顔や身体を選べるわけでもなくチェンジ!とは言えない。

どんなにブサイクであろうが、気持ち悪かろうが女性であれば成立する。

私の場合もそうで、全く自分のタイプではない相手を誘惑に乗り、好きなのかな?と勘違いしてしまった。

知ってる恋の言葉を全部引っ張り出して相手のラインに書いた。

愛しているとか好きとか。結婚しようとか。これっぽっちも思っていないのに書いた。

遊びの一種で意味はなかった。

なので

奥さんと離婚する気は一切なかった。でも、モテていると思って調子に乗って書いてしまった。

ようは、拗ねている私を構ってくれたら誰でも良かったし、

向こうも向こうで寂しかったんで近づいてきたんだろうから、

わたしは都合よく使われてしまったんだと思うようにした。

現に相手はずる賢くそして厚かましく、お金も払わず通ってくるようになった。

もしこちらがいらない。といってもまともな女性なら普通は対価をし払うと思う。

うまく寂しさを埋める為の道具として

利用されていたんだとさえ今は思う。

子供を4人も捨てる極悪非道な女に本気になるはずはなかった。

そして本気は迷惑だった。旦那と3年前からうまくいってない。と言ってたから

離婚理由にされるのは迷惑だった。

奥さんと比較したことは1度もない。なぜなら奥さんにかなう女性などこの世にはいないから。

妻は何度も、何故あの人なの?どこがよかったの?自分は負けているのか?と聞いてきたが

選択したわけじゃないから、そこにたまたま声をかけてきた女がいたから。としか答えられない。

それに、繰り返しになるが全くタイプじゃなかった。でも、男性は顔を見なければ

できる生き物なのかもしれない。

でも、本当にしてはいけないことをしてしまった。話し合いの席で、相手の旦那が怖くてまた嘘をついた事だ。

「添い遂げるつもり。」だなんて心にもないセリフを言ってしまい妻を自殺未遂に追い込んだ。

妻は捨てられたと思ったようだ。

ありえないぐらい酷くて可哀そうな事を平気でしてしまった。

自分の甘い所を捨てなければいけない。と誓った。

妻は強い人だと思って甘えてしまった。そして、相手のご主人をも傷つけてしまった。

本来なら、バレた時点で 遊びでした。と謝罪し

平謝りしておくべきだったし、自分の性根が腐っていると思った。

そもそも、そんなやすやすと男に近づいてくる女はおかしいと早く気が付くべきだった。

もしかしたら、あんなに積極的に触ってくる女性なのだから

他の男性とも遊んでいたりするかもしれないと思って

一気に鳥肌が立ち、気もちが悪くなって嘔吐が止まらなくなった。

私は、話し合いの後それに気が付いてすぐに、性病検査の為病院へ行った。

1か所では不安になり2か所、エイズと梅毒などの検査をしにいった。

結果なんともなくてよかったが、奥さんへの罪悪感で自分も死のうと思い

コーナンへロープを買いにいった。

身辺整理を始めた頃、奥さんからメールが届いた。

そのメールには僕への感謝の言葉とどれほど愛していたかがつづられていて号泣してしまった。

本当に馬鹿なことをしてしまった・・・。大反省した。なぜとどまれなかったのか・・。馬鹿だった。

毎日神棚に祈る日々が続いた。

家を追い出され、誓約書を書き、離婚届に判を押し母親経由で妻に渡した。

話し合いの後すぐに謝罪し、

毎日気が付けば携帯から謝罪と愛を伝えて

必要になりそうなものは買って玄関にとどけ続けた。

顔は見せてくれなかったが、受け取ってくれるようになった。

とにかく、誠心誠意謝り続け、愛を行動で示せるよう頭をフル回転して行動に移している。

妻とは色々なことを共有しようと決めた。

そして、GPSを自分につけ、職場にカメラを設置した。少しでも不安を取り除くためだ。

妻は人が信じられなくなっていた。もちろん私のせいだ。

細かいことも聞いてくるようになったが、できるだけ具体的に答えた。

ずっと甘えで避けていたバイトだが、二重生活でお金がなく、前の奥さんとの養育費もあり

深夜バイトをするようになった。

そうこうしているうちに

数か月たった時、時々食事を作って弁当箱に詰め玄関に置いてくれるようになった。

嬉しかった。美味しかった。本当に感謝した。

時々妻はメールで苦しさを訴えた。どんなに苦しいのか・・。申し訳なく思う。。。。

大阪阿倍野まことカウンセリングルームにわたしも通うようになった。

となみ先生に開口一番、

「奥さんと前のように戻りたいんです。」と訴えた。しかし、

「それは無理です!」ときっぱり言われた。

ただ、「新しい関係を築く努力はできるかもしれない。」と

その為に、コーチングを受けながら努力を続けていた。

また時間が流れ、時々私と一緒にごはんを食べてくれるようになった。

そして、キスができるまでになった。その後SEXも・・。

そこまで来るまでにしたことは、やはり言葉より「行動!」。これに尽きると思う。

しかし、まだ別居生活は続いていてまだまだ奥さんは落ちる時は落ちる。

一日のうちでそれが出てこない日がないという。深く傷つけてしまったので当然だ。

ただ、その時の対処法もカウンセリング内で教えて頂き夫婦としてフォローできるように

なっていった。

ある日、奥さんが落ちた時、奥さんから「ごめんね。」と言われた時は

本当に心底申し訳ない。と思った。悪いのは全部わたしで、奥さんになんの落ち度もないのだから。

私はこれからも、コーチングの勉強をつづけながら奥さんのフォローをしたいと思っている。

一生の自分の人生をかけて奥さんを愛していくことを宣言する。

 


夫婦修復とフラッシュバック、トラウマ解除は
大阪阿倍野まことカウンセリングルームへ

不倫、浮気でフラッシュバックを1回のカウンセリングで
解除します。
まずは、ウエルカムカウンセリングへどうぞ^^

ホーム

 

まことカウンセリングルーム
LINE@ID お得な情報配信中 予約可
@ywc6256h

まことカウンセリングルームQRコード

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

もっとあなたらしく生きるためにご自宅で気楽にカウンセリング

大阪市阿倍野区美章園2丁目21-11 朝日プラザ美章園101号1階

ホームページ
http://mikokoroseitai.com/

予約電話番号(予約優先)
06-6713-5855

メールでのご予約はこちら