ADHDの認知行動療法で改善させるカウンセリング

ADHDの認知行動療法で改善させるカウンセリング

ADHDは子供から大人までクライアント様が来院されていますが、
大阪阿倍野まことカウンセリングルームへご来院下さる方は皆

薬が合わなかった

子供に薬物をずっと続けたくない

心療内科に通うと病人扱いされるので、カウンセリングの方が来やすかった。

大阪阿倍野まことカウンセリングルームはみこころ整体院と併設の為
整体に通っている風で来れるので来やすかった。(サラリーマン30代)

薬だけでは不十分だった。

など、アンケートを頂戴しています。

薬物療法だけでは、不十分というのは往々にあり、
具体的な時間管理や物を無くさない工夫や柔軟な考え方などを
段階的に訓練するわけではない為、心療内科だけでは身につけられないことが大きい点です。

ADHDにおける認知行動療法とは

認知行動療法の特徴として、症状の変化を評価した研究が確立されており

ADHDの認知行動療法を行うことで、ADHDの症状の改善や
生活の問題度合いの修復、不安と抑うつの改善が研究によって証明されているのです。

薬だけを飲んだグループに比べて、薬と認知行動療法を一緒に行ったグループの方が、症状が軽減しています。

独立評価者と自己評定によって、ADHD症状尺度と併存する不安症状と抑うつ症状を評価した。結果の評価として独立評定者は、CBTに割り当てられた人は、薬物療法のみを継続した人と比較して、ADHD症状と全般的支障度を低く評価した、同様のことが自己評定でも示された。CBT群は他者と自己評定の両方で不安症状が軽減、抑うつ症状も自己評定では同様の効果がみられた。

大人のADHDの認知行動療法セラピストガイド サフレン(2011)

では、ADHDの認知行動療法では何をするか?ですが、

認知行動療法は皆が予想している話をただ聞いてもらうカウンセリングのイメージとは
全く違うものです。

認知行動療法では、認知的な治療と行動的な治療に分けて考えます。

ADHDの認知行動療法では、初めに行動的な部分の訓練を行い

行動的な部分としてはADHDの方が苦手とする、

順序立て、片付けや注意散漫、生活欠如の補填等について、具体的な対処スキルを鍛錬していきます。

順序立てと計画性、片付けのしくみ作り

まずは、道具を使い、優先順位付けを学びます。
具体的には様々なツールを使い時間の使い方を学びます。

これは、年齢によって変わりますが、ワーキングとして手帳やノート、紙を使う場合が多いです。

また、効果的な問題解決方法を見つけるための手段や方法を学習していきます。

また片づけの苦手さについても、システム的な片づけのしくみ作りについて
訓練していきます。

注意力散漫への対処

集中力の継続するために、環境の調整方法を学びます。

注意散漫になる原因を極力減らして、集中できるための要素を増やします。

一例ですが、タイマーなどを使って、集中の持続力を高める訓練である注意持続訓練を行います。

これは、繰り返し行う必要がありますので段階的に行っていき成果を出します。

次に認知的な部分としては

バランスのとれた考え方を身につける

心身症、不安症状と抑鬱症状への対処方法を学びます。

否定的なマイナスの考え方のクセを見つけて、それをバランスのよいものにコントロールする工夫を学びます。
バランスの良い考え方になることで、不安やうつの悪循環から抜け出やすくなったり、
先延ばしを減らすことを学びます。

大阪阿倍野まことカウンセリングルームでは、段階的な認知療法でADHDの改善を目指していきます。

お子さんの場合はお母様の付き添いが必要な場合もあります。
お気軽にご相談ください。

大人の方は、身体と心を癒しにみこころ整体院を併設しておりますので
お気軽にお越しくださいませ^^

まことカウンセリングルーム
LINE@ID お得な情報配信中 予約可
@ywc6256h

まことカウンセリングルームQRコード

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

もっとあなたらしく生きるためにご自宅で気楽にカウンセリング

大阪市阿倍野区美章園2丁目21-11 朝日プラザ美章園101号1階

ホームページ
http://mikokoroseitai.com/

予約電話番号(予約優先)
06-6713-5855

メールでのご予約はこちら