パニック障害を大阪で克服!体験談

パニック障害の症状とは

パニック障害の初期の症状は、突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの身体症状とともに
強い不安や恐怖感を伴うパニック発作です。

場所に決まりはなく、多いのは人が多いショッピングモール内、スーパー、
商店街、エレベーターの中、会議室、車の中、電車などのがうちの患者様が多い発祥場所です。

パニック発作自体は、多くの場合20~30分くらいでおさまりますが、
何回か繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしようという、
パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれるようになり外出が困難になるケースが多いのが特徴です。

パニック障害がおこるきっかけ

緊張がほぐれた時

寝不足で疲れているとき

体調が風邪などで不良のとき

体温の変化が激しいとき
(夏場クーラーがかかって身体が冷えた所から外に出て体温が上がったり
下がったりするときなど)

パニック障害を引き起こす要素

パニック障害を引き起こす要素は3つの要素があります。

1つめ、身体的生物学的要素
2つめ、環境社会的要素
3つめ、心理的要素

これらが、歯車のように絡み合って
パニック障害を引き起こしています。

過呼吸とパニック障害は区別が必要

過呼吸からパニック障害が引き起こされたり、

パニック障害から過呼吸になったりしますが
この2つは全く別のものなのです。

パニック障害は脳の神経伝達物質の乱れによるものが原因なのに対し
過呼吸は、心理的な葛藤や緊張によるものです。

自分でできるパニック障害の発作を最短時間にコントロールする方法

呼吸法を行う

胸に手をあてて

1.2.3で吸い、4.5.6でゆっくり長く吐く

ポイント

胸式呼吸ではなく「腹式呼吸」をすること

 

アファメーションを活用する

安全な場所に立ち止まって

発作が起きたら「大丈夫。すぐに通り過ぎる」とイメージを繰り返す。

 

電話をかける

安心できる人に電話をかける。(パートナーやお母さんなど声を聴くと落ち着く人)

※電話を受ける方は、驚かず丁寧に話を聞いてあげるだけでOK

 

大阪阿倍野まことカウンセリングルームでのパニック障害の完全克服道順

例え自宅から出られないといった症状の方でも
カウンセリングで、旅行を楽しめる状況へと回復していきます。

大阪阿倍野まことカウンセリングルームでは、1つの方法だけではなく
あらゆる手法を駆使し、患者様にあったセラピーを段階的に行っていきます。

その一部ですが
認知行動療法では、

発作を引き起こす原因の観察と究明

恐怖を強くする考えの修正

ブレインサイコセラピーでのトラウマ解除

恐怖している場所の、恐怖心の書き換え

パニック障害を続けさせる要素の歯車の抑止

を行っていくことにより、パニック障害が起きにくくなるよう
カウンセリングをすすめていきます。

ワーキング一例

動悸をターゲットにした
症状エクスポージャー訓練一例

2分間早歩きをし、人為的に動悸をおこします。
1回目の恐怖の半分の恐怖感になるまで、時間をおいてこれを数回繰り返します。

恐怖心が消えるまで、カウンセラーと二人三脚で数回行います。

※必ず専門家の指導のもとで行いましょう。

その他

恐怖心が強い場所の滞在時間を延ばす行動訓練など

その方に一番適した数多くのワーキング、セラピー手法で

パニック障害の克服のお手伝いを致します。

 

パニック障害でお困りの方は専門としていますので

一度ご相談ください^^

 

まことカウンセリングルーム

LINE@ID お得な情報配信中 予約可

@ywc6256h

まことカウンセリングルームQRコード

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

もっとあなたらしく生きるためにご自宅で気楽にカウンセリング

大阪市阿倍野区美章園2丁目21-11 朝日プラザ美章園101号1階

ホームページ

http://mikokoroseitai.com/

予約電話番号(予約優先)

06-6713-5855

メールでのご予約はこちら