夫の不倫で自殺未遂からの起業

夫の不倫で自殺未遂からの起業

M様43歳女性のクライアント様からメールでご感想を頂きました。

不倫や夫婦の悩みで苦しんでおられる皆さんに伝えて下さいということで

ご紹介に至りました。今、メンタル不調や鬱で苦しんでいる方に読んで頂きたいということです。

(かなり赤裸々な部分も含まれていますのでご留意ください)

夫の不倫発覚

ベッドで目が覚めたら、突然夫からこう告げられた。「好意のある女性がいる。10時から双方と話し合いをしたい。」と。起きたばかりで突然意味が分からず呆然としていたら、夫の携帯がなり、すごく親しげに話している。相手の女からかかってきたようだった。自分の家で、見知らぬ女と夫が親しげに話している。ようやく事の重大さを脳が理解した。2月の朝の事だった。

「これで、俺の事が嫌いになれただろ?」と夫は言い放った。この言葉は最後まで私を苦しめた。

どういうこと?・・というのが精いっぱいだった。子供が受験を終えたばかり。第一志望校に合格し制服の採寸が終わったばかり。4月から入学する予定だった。息子は学校に行けないの?毎日10時間以上勉強がんばっていたのに。。まずは、子供の心配が先だった。

夫婦関係は、そういえば1年ほど前から夫が子供に暴力や暴言を吐くようになり喧嘩が絶えなくなっていた。

育児に関しても「まあ、せいぜいがんばっていってね。俺の役目は終わった。」というような
突き放したような言動が目立つようになり、その後も「俺は結婚に向いていない。」「父親しに来たわけじゃない。」「もう好きじゃない。」と暴言が続きどんどんモラハラ夫に変わっていった。

また、語尾に「絶対じゃないけどね。絶対なんてこの世にない。」と言うようになった。

「好きは続かない。前より好きじゃないんだよ。原因はない。お互い幸せになろう。価値観が合わない。
お前に興味がない。面白くないお前。お前の子供が気持ち悪い」
などと酷い言葉を毎日言われたが、仕事でストレスが溜まっているんだ。仕方がない。と辛抱した。

しかし、受験が終われば変わる。と信じた。そのたびにフォローをして尽くしてきた。冷たくされても、暴言をはかれても、耐えた。それなのに何故?意味が分からない。

昔、夫は交際相手の浮気で苦しんだ経験があったことを再三話しており人から裏切られる苦しみは分かっていると思っていた。

午前10時相手のご主人を含む不倫相手との話し合いが始まった。

不倫が発覚したのは、相手のご主人がうちの夫と不倫女がラインで会話しているのをたまたま聞いていたことで発覚したようだ。

不倫相手との話し合い

相手の女性、そのご主人、私、主人、たまたま泊りに来ていた私の母の5人で話し合いの場がもたれた。

冒頭夫は、私と母親の前で堂々と
「浮気相手と結婚して添い遂げたい。」宣言をした。

期間も長く、愛人は嬉しそうにしていた。

相手のご主人はそれは凄い剣幕で怒っておられましたが
主人は飄々としており、まるで第三者のような態度だったため

余計に相手のご主人は「その態度反省しているのか!」とお怒りになった。

相手はきっちり化粧して来られていましたが
私は涙で髪や容姿もボロボロの状態。化粧品など買ってもらったこともありません。
とても悲しい気持ちになった。

悲しい話し合いは続き、主人と愛人は申し合わせたような態度で
開き直っていた。

私は、最後に「私を愛していますか?」と主人に尋ねた。
主人は僕の気持ちは向こう(愛人)にある。と言いった。
胸が引き裂かれる思いがした。

自分でも馬鹿な墓穴を掘るような質問をして落ち込んだ。

 

相手のご主人が、「うちは離婚する!3人の子供の母親の資格なし!」と言われ
もう連絡を取り合わない。という念書を双方に書かせた。

その時、愛人の女性が笑った。
何故この状況で笑えるのか私には怖くて仕方がなかった。

私はもう完全に終わったと思った。

しかし

「私は離婚しません。」となんとか一言強がりを言ってしまった。
やはりまだ愛していた。

旦那の豹変

しかし話し合いから一転

家に帰ってきた主人は

「比較するとやっぱりお前が一番だった。お前を愛している。俺が馬鹿だった」と言い出した。

「相手が執拗に誘ってきたんだ。相手が悪魔だった。気持ち悪い。」と。

「俺はハニートラップにあっただけだ。」そういうたわごとを言い始めた。

あなた、わたしに「これでもう俺のこと嫌いになっただろ。」と言い放ったのをお忘れ?と聞いても

おかしくなっていただけ。の一点張り。

そして、突然気持ちが悪いぐらいに優しくなった。もう夫が怖くて仕方がなくなった。

相手と添い遂げるまで言ったくせに。。。ほんとうに意味が分からない。

 

しかし、現実問題、、子供が今年志望校に合格したし、それを考えると離婚届を取りに行ったにも
関わらずやはり突然離婚もできず、感情と頭が伴わない行動をして苦しんだ。

もともと、膝が悪いせいもあり外での仕事もなかなか決まらずで、また主人は人が変わったようにまた優しくなり本当に訳が分からなくなった。

16時間の家での内職が精いっぱいだった。

冷静に考えると本当に最低な男性だ。

自殺未遂

そこから2週間以上、水以外のものを受け付けなくなりパタリと身体が

動かなくなった私は実家に帰る事になった。

母は200%いい人だと思っていた主人に裏切られ唖然としており
もう怒って顔も見たくないと落胆した。

食事もとれず、一睡も眠れず、思考もなくなり

気が付いたら、包丁を握っていて自分の首を刺していた。

血が腕に流れて全く記憶が無くなった。

定期的に水分補給に来ていた母親が救急車を呼び一命をとりとめた。らしい。

首には傷が残ってしまった。がまだ生きている。

子供がいるのに無責任な行動を無意識とはいえとってしまい、意識が戻って自分に腹が立った。

別居へ

自殺未遂まで追い込んだ夫は、家を出て行った。

四六時中、謝罪メールや優しい言葉、色々な贈答品が届く日々。

でも、相手にも同じことを書いていたと思うと
文字も、記号も気持ち悪くて仕方がない。

もし、またあの女の所へ別居中行っても構わないと思った。

 

私はもう夫の「特別な存在ではなくなった」のだ。

 

多分それが一番つらかった。

身体の異変とメンタルの不調 うつへ

2月の朝に発覚してから、睡眠が一切とれなくなった。

ずっと起きている。眠れないのだ。

眠る方法が分からない。眠るってどうするんだろう。

毎日ベッドに入る恐怖心。寝室に行くのも辛い。しかし眠れないのだ。

朝までの時間、じっとしているのが長い。

22時にベッドに入るも、4時、5時・・・そしてもう朝。その繰り返し。

体重は30キロに差し掛かった頃から病院の点滴生活が始まった。

心療内科を転々とする日々

また、心療内科から薬が沢山処方された。画像はほんの一部。軽度になってからのものだ。

抗うつ薬、セルシン、ランドセン、レンドルミン、ベルソムラなど複数の薬。

睡眠薬は、定期的に変わった。

ルネスタ、マイスリーは酷い頭痛になるため、すぐに処方が中止になった。

メイラックス、デパスは、動悸が激しくそれもまた中止になった。

心療内科では、事実関係の話を淡々と10分程度聞き取り、お決まりの薬を処方された。

根本解決ではなく、対処療法ばかりだった。

母親が調べて、心理師やら臨床心理士、心理療法士がいる名だたる心療内科にも行ったが、

資格がうつを治してくれるわけではなく、有名な病院でも焼け石に水だった。

心がどんどんすさんでいった。薬を飲めば飲む程弱い自分になった。

臨床心理士といっても自分より若い20代の子が多く、話がちぐはぐしたり、全く苦しい経験のないエリートだったりでどんどん、話す気も失せていった。

医師も、10分程度の適当な診察で、こちらが

どんき症で、唾液が絶えず出てくるとか、眠れない、人ごみに居ると恐怖心でパニックになる。

電車では女性の顔が、相手の不倫女性に見える。とか苦しんでいる症状を伝えても、全く反応がない。

パソコンに向かって入力しているだけ。

 

ひどい医師では、私が最近突然無意識で独り言を叫んでいる時があり、その自分の声でびっくりする。と

伝えると、「独り言の何がいけないんですか?ぼくは、小3からずっと独り言をいってるよ!」と返してきて、もうこの人に話すのはやめようと思った。これが有名な医師で、google口コミには星がたくさん並んでいる医師なんだ。。がっかり。

 

あと、嫌だったのは医師の隣に看護師がついていることだ。なんで、この看護師にまで辛い話を聞かれないといけないの?と思った。

また、話の途中で何度も別の看護師が割り込んできて、他の患者の薬がどうのこうのと話をさえぎってきた。

 

病院を転々としているうちに

10分程度の診察で何が分かるんだろう。という疑問もふつふつと湧いてきた。

ぜんぜん、私の話を聞いてくれない。分かってくれない。理解してくれない。

薬はどんどん増える一方。

眠れないと言えば→眠る為の薬。

気分が落ち込むと言えば→抗うつ剤を増やす。

これらの薬だけが、毎週どんどん増えるだけだった。

 

薬を飲めば飲む程、依存してやめられなくなり、自分が少しの衝撃でも耐えられなくなるまで

弱っていった。

ちょっとしたダメージでも、ひどく凹んで立ち直れなくなる→薬に頼る。を繰り返した。

 

また、病院も色々で天井部分がまる空きで声が駄々洩れ。の診察室のところも。

コロナで大変だが薬は欲しい。内科と一緒になっているところは行きたくなくなった。

身体の不調が次々と出始めた

心が弱る自分と並行して身体もどんどん悪くなっていった。

耳がぽこぽこ音をたてるようになった。そして、天井がぐるぐる回る。

抗うつ薬で副作用が出始めた。自律神経がおかしくなり、ずっと不正出血が続き生理がき続けるのだ。

慌てて婦人科へ行くと、生理が続くせいで卵巣嚢腫になっていた。また、

過度のストレスで慢性胃炎になり、胃カメラをするとポリープが4つも出来ていた。

血液検査では、ストレスと生理つづきで貧血になり血小板の数値が上がっていた。

病院では心の病気はなおらない!!!心療内科と病院を転々とした。

でも、よく分かった。

心療内科はあくまでも、薬で症状を抑えるだけの対処療法だけにすぎない。

心の問題の根本解決にはならないんだ。とはっきり理解した。

 

どこか、私がしっかり心の相談できるところはないのだろうか。ネット検索を繰り返した。

自分の気持ちが癒せる投稿を探し続けた。不倫の記事は多いが、まとめ記事ばかりで役に立たない。

離婚した方がいいのか、子供の進学のために我慢した方がいいのか。

 

連日、東出、唐田の不倫報道、渡部の不倫報道で心がえぐられ、テレビは見ないようにした。

それでもしつこくネットニュースに流れてきた。

しっかり、わたしの話を聞いてくれる場所を探し続けた。

大阪阿倍野まことカウンセリングルームの出会い

子供が受験でお世話になっていた、プライベート教室の先生に恥を忍んで相談をした。

女性の先生で、6年間その方にフォローしてもらって念願の第一志望の最難関私学に合格したのだ。

とても信頼していたが、またしてもその期待は裏切られる事はなかった。

その先生はほんとうに、本当に親身になって話を聞いてくれ、相談を受けてくれ、大阪阿倍野まことカウンセリングルームのまこと先生を紹介して下さった。

これが私の人生の転機となった。

ウエルカムカウンセリングの予約をとって、早々に訪れた。

小さなカウンセリングルームだったが、整体院の中にあるのでまずは人目を気にせず入りやすかった。

病院の心療内科通いで疲れていた私は、もしかしたら最初の私の態度は良くなかったかもしれないが、

先生はとても親切で、とても心に響く心強い言葉と優しい態度で、深く癒された。

わたしが求めていたのはこれだと確信した。じっくりゆっくり話を聞いてくださった。

そして、適切なメッセージを提示してくださって、うまく言えないけれど

本当に心の奥底に手が届くような言葉とこれから起こるであろう新しい未来を見せて下さった。

いつのまにか、涙が止まらなくなっていた。

 

私は複雑なPTSDになっていたようで、少し時間はかかるけれど

必ず、幸せな生活に戻れるようにわたしが送り届けます。と言ってくれた。

カウンセリングを受けて

カウンセリング中は上がったり下がったり、引き戻されたり、前進したりを繰り返した。

しかし、何が変わったかと言うと

酷く落ちる、落ち込む前に自分でなんらかの対応が意識的にコントロールできるようになったことだ。

あと、抗うつ薬は即断薬に成功した。逆に飲むのが怖くなったぐらい。

自分の感情をごまかしてはいけない。受け入れて認めてあげることに成功した。

でも、不倫を許したわけではない。許さなくても元気になれる方法が分かったのだ。

まず、毎晩起こっていた不倫相手との話し合いを再現するようなフラッシュバックは早期になくなった。

あと、スーパーや交差点で起こっていたパニック症も早期に消えて行った。

全く、フラッシュバックが無くなったかと言うと、まだ少しはあるが、

おこる回数が減り期間が短くなったことと

断片的になってきており、またその情景やイメージが薄くなってきている。

起こりそうだな~。来そうだな~と思ったら、イメージをパチンと今に戻す認知行動療法があるのだが、

それがとても効果を発揮している。

今に即座に戻って来れるのが早くなったので深く落ち込まずに済むのだ。

あと、入眠ができるようになり徐々に断薬に成功した。

保険として、枕もとの棚にベルソムラ10を置いてあるが今は飲んでいない。

カウンセリングは24回受け、今はアフターカウンセリングでまこと先生とラインでしんどい時に

たまにチャットでお話をさせてもらっている。

24時間いつでもLINEで気軽にメッセージが送れるのも、気持ちが楽で気に入っている。

ここのいい所としては、先生が話が分かる方で共感性が高く優しいことと、カウンセリングが終わったらおしまい。ではなくアフターが充実していること。

あと先生自体も男性なのに子育てなど経験が豊富なので、話していて分かってくれる感が半端ない事だ。あと、身体がしんどいときは整体もうけられる。卵巣嚢腫も、内臓整体で治していただいた。

婦人科へは定期健診のみで治療は経過観察で受けていないが、先生の内臓整体で切らずに済んだのだ。

大げさだが神様みたい。な存在なのだ。

その後もまこと先生からコーチングを受けて、今は趣味起業に成功した。

自分で自立できるところまで、カンセリングをしてくださる場所が他にあるだろうか。

離婚に踏み切るまでは、稼げてはいないけれどいづれは・・と水面下でがんばっている。

許しの境地までは私には辿り着けそうに今はまだないが、あの弱り果てていた自分が自立するまで

力を与えて下さったまこと先生には感謝しかない。

これからも、度々お世話になると思う。本当にほんとうにありがとうございました。

まことカウンセリングルーム

LINE@ID お得な情報配信中 予約可

@ywc6256h

まことカウンセリングルームQRコード

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

もっとあなたらしく生きるためにご自宅で気楽にカウンセリング

大阪市阿倍野区美章園2丁目21-11 朝日プラザ美章園101号1階

ホームページ

http://mikokoroseitai.com/

予約電話番号(予約優先)

06-6713-5855

メールでのご予約はこちら