小倉優子の離婚問題に見る心理学 夫婦修復

小倉優子の離婚問題に見る心理学 夫婦修復

小倉優子さん、ゆうこりんの離婚問題ですが、

子連れ再婚の2年目に一番起こりやすい問題として

夫婦カウンセリングで訪れる方が一番多いケースと言っても過言ではありません。

子連れ結婚の問題点

子連れ結婚される方って、女性側は可愛らしい方が多いのが特徴です。

デートの時は子供は預かってもらっていて、一人の女性として男性と恋愛を始められます。

その時は、「ひとりの女性」「女」として、男性と接する為とても魅力的に男性にはうつります。

また、男性側もきっとこの女性の子供なら自分は心広く受け入れられる。とその時は本気で思うのです。

しかし、いざ結婚してみると

 

女性は「母親」へと変貌していきます。

このギャップが、なかなか想像できなかったぐらいの衝撃の姿である。のです。

言動から姿からまるで違う別人格の女性がそこにはいますし、

母親であるということは、しっかりマイルールが決められており男性はそれを強いられる事になります。

それに耐えうる男性は少なく、たいがい2年目に浮気発覚、失踪、別居問題が出てくるのですが

男性が逃げ出しかけてから「母親」は自分を顧みて反省を始めるのですが、

その頃はもう遅いのです。

で、うちへ復縁の相談に来られます。7割8割は上記のような理由がほとんどです。

女性は自分のコントロールがカギ

女性ばかりが悪いのではありません。

女性は、時には「女」でいなければいけないし、「母親」の姿である必要もありますし、

それはそれは大変な事です。しかし、そのコントロールがうまくできた人は、再婚でもうまくいっています。

ようは「魅力で相手を縛ることができたものが勝者」になるのです。

また、男性も器の大きさが問われる問題でもあります。覚悟をどこまでできるかが大変重要です。

それはそれで、男性の魅力として女性から大切にされる事でしょう。

バツを増やさず復縁するには?

タイトルに「バツ」と書きましたが、私はこの言葉は好きではありません。

☆と表現しています。(ほし)

苦労してきた証ですからね。ただ、反省もしっかりして次に生かさなければいけませんが。

自分の行いに反省し、復縁を目指す場合にしなければいけない事ですが、

今回は、女性が復縁をしたいと強く願う場合ですが

ルールを決める事が重要です。

子供が起きている間は、多少の言動は目をつむって欲しい。そして、あなたも

しっかり子供を育てる協力をしてほしい。と話し合う事です。

そして、子供が寝たら「女性」に戻って二人の時間を大切にすることです。

子供と、夫婦は寝室をしっかり分けるということも重要な要素です。

子供は小学生のうちは添い寝じゃないとダメなんです。という方がおられますが、

そんなことはないです。

小学生になれば、自室で就寝をする癖付けをさせる方が自立の第一歩です。

上記は一例ですが、夫婦でしっかりルールを決めておくことが大切です。

 

大阪阿倍野まことカウンセリングルームでは、

夫婦の復縁のお手伝いもしっかりさせて頂きます^^

夫婦修復でお困りの方は一度ご相談ください。

 

 

 

 

まことカウンセリングルーム

LINE@ID お得な情報配信中 予約可

@ywc6256h

まことカウンセリングルームQRコード

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

大阪阿倍野まことカウンセリングルーム

もっとあなたらしく生きるためにご自宅で気楽にカウンセリング

大阪市阿倍野区美章園2丁目21-11 朝日プラザ美章園101号1階

ホームページ

http://mikokoroseitai.com/

予約電話番号(予約優先)

06-6713-5855

メールでのご予約はこちら